遺品整理業者あんしん相談所

遺品整理業者・会社の選び方や比較方法などを解説しています

遺品整理業者ってどうやって選べばいいの?業者ごとの違いや比較方法を解説します

遺品整理業者

今、目の前にある沢山の遺品の前で「どう片付けようか…」と悩み、このページをご覧になっているかと思います。

遺品整理する状況はある日突然訪れ、

  • 遺品の必要・不必要がすぐに分からない
  • 不必要と分かってもどのように処分して良いか分からない
  • 大きな家具もあり少人数で作業すると時間がかかってしまう
  • 故人の住まいを明け渡す必要があり、すぐに片付けなければならない

と言った問題が出てきます。

遺品整理業者にお願いしようかな…と考えても、数ある業者の中からどう選べば良いのか?トラブルはないのか?など分からないことばかりかと思います。
費用においても相場を知らないまま依頼すると、高額な見積もりを出されてしまう可能性があります。

そんなわからないことばかりの遺品整理ですが、ポイントさえしっかりおさえていれば対処できるものです。
また、業者選びも相場や対応範囲などを知っておくことで、正しい遺品整理業者・会社を選ぶことができます。

それではそれぞれ解説してきます。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

1.個人で遺品整理をすると難航する理由

遺品整理を自分でやる

(1)遺品整理は突然やってくるため、前もって準備がしにくい

経験がないとなかなかわかりにくいかもしれませんが、両親が高齢者の場合、元気そうであっても「ある日突然」ということが起こります。

片親が残されても、亡くなられた方が使っていたものや所蔵品は思い出の品として残す分は別として、不要なものは処分していかなければなりません。
さらに残された片親が一人で暮らせるかどうかも問題になります。

一人暮らしが困難であれば、子どもが引き取って同居するか、あるいは介護施設や老人ホームに入居することを考えなくてはいけません。
その際にも遺品を整理する必要が出てきます。

(2)実家から離れて住んでいると、たびたび実家に帰って整理するのが難しい

両親と同居していれば別ですが、離れて暮らしていると遺品整理はたちまち行き詰ります。
どこに何があり、何が必要かを客観的に判断しなければならず、距離が離れている実感の場合などは往復だけで半日がつぶれます。

そのうえで自分で遺品整理をしようとすると何日もかかるため、時間や交通費なども重くのしかかってくることになります。

(3)なにかと物が多い

高齢者世代が住む家はとにかくものがあふれています。
遺品整理業者が清掃に入ったあとに出る廃棄物は一般的な一戸建てで二トントラック五台分以上とも言われています。

遺品のすべてを廃棄するわけではないので、遺品全体の量はもっと多いということになります。
たくさんのものを捨てずにとっておいた結果、どこに何があるかが親自身もわからなくなり整理が困難になっていったのです。

(4)遺品整理には期限がある

「遺品整理は葬儀が終わって落ち着いてからゆっくりと」と考える方も多くいます。

しかし遺言書や有価証券、高価な物品などは遺産相続に大きな影響を与えます。
また、実家を売却する場合や実感が賃貸物件だったりする場合なども立ち退き期限があります。それまでに遺品整理をしなければならないのです。

上記の4つの理由を見ていくと自分で遺品整理をしようとすると大変な時間と労力、費用がかかることを知って、途中から専門家に頼むということも出てきてしまうものです。

結局、専門業者に依頼した方が早く、確実に遺品整理をすることができるのです。
プロに遺品整理業者に頼んだ場合、廃棄物の処分を引き受けてもらえるのと、短時間で完了するというのが最大のメリットとなります。

さらに搬出後は、空き部屋を担当スタッフが清掃します。
作業量にもよりますが、プロの遺品整理業者はこれらすべてを半日ほどで終わらせてくれるのです。

2.遺品整理業者とは

遺品整理業者とは

(1)遺品整理業者がやってくれる作業

上記のポイントでも述べてきた通り、遺品整理には多くの時間と労力がかかります。

遺品整理業者に依頼すると、まず「分別」を行います。
出てくる遺品で明らかにゴミと分かるもの、残すもの、判断が難しいもの、等に分別してくれます。

そして処分するか残すかを判断し「梱包」します。
そのあと、整理し忘れていないかの「チェック」を行い、「搬出」します。

処分すると判断したものは全て捨てる訳ではなく、分別種類に応じてリサイクル業者に回したり、専門の廃棄物処理業者を手配します。
そして「清掃」します。
これら一連の作業を遺品整理業者は半日から一日で完了させます。

業者を使わずに自分で遺品整理をする場合はこれらの作業をすべて自分で行うということになるのです。

(2)地域によって違う廃棄物の処理

また、「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の違いや、処分の仕方などは地域のよって違う場合があります。
現在の住まいと、故人宅が離れている場合もある為、地域でのやり方を知らないとこれらの処分も大変な作業になります。

遺品整理業者はこういったこともすべて行ってくれるのです。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

3.遺品整理を行うタイミング

遺品整理をするタイミング

(1)まずはじめにすること

遺品整理をいつすればよいのか、もしくはいつまでにすればよいのかということについて知らない方がほとんどだと思います。

まず相続手続きの際には遺言書の有無が大きく影響します。
そのため生前整理の場合は別にして、両親のいずれか、もしくは両親とも亡くされた場合の遺品整理ではまず第一に遺言書の有無を確認しなければいけません

遺言書があれば、その内容が遺品を整理する際の方針をも左右することがあります。
たとえば、故人が遺産として実家を子どもの誰かが受け取ることを指定していれば、それを前提条件として遺品整理を考えなければいけないのです。

ところが現実的には遺言書の有無について確認しようにも、その前に家の中を整理しなければ見つからない状態であることも多くあります。
親と別居していた場合は、家の中の事情もわからないため、「まず遺言書を」ということになります。

そして遺言書を探すとともに、通帳、印鑑、有価証券、不動産の権利証や契約書類を優先して探すことになります。
こういったものを発見したら家庭裁判所に持参し、内容確認の手続きである「検認」の申し立てが必要となります。

(2)遺品整理は計画的に

また、故人宅が賃貸物件の場合、その賃貸契約書類の内容が重要になります。
遺品整理の時期が遅くなれば家賃が発生してしまうので、整理の計画にも影響します。

そして一番よくある間違いが、「計画を立てずに手近なものからとりあえず遺品整理に取り掛かってしまう」ことです。
無謀に取り掛かって、続かずに放置したり、さらにややこしくさせてしまったりするのです。

たしかに大量の遺品を前に、とにかく第一歩を踏み出そうとしてしまいがちですが、逆に計画をしっかりと立てて、ゴールを目指すことが重要なのです。
その際、その家で今後どのような生活を営むかを考える必要があります。

家を処分せずに住み続けるのであれば、誰が住むのかで遺品整理の仕方が大きく異なってくるからです。
残すものや、それを配置する場所などを前提に計画しなければいけないからです。

こういったものの計画をしっかりと立てて、道筋が見えたときが遺品整理を本格的に行うタイミングとなるのです。

4.遺品整理業者に依頼するメリット・デメリット

遺品整理業者に依頼するメリットとデメリット

(1)遺品整理業者に依頼するメリット

遺品整理業者に依頼するメリットについては、今までも述べてきた通り、「遺品や遺産に関する法的なアドバイスを受けることができる」「圧倒的に早く遺品整理を行うことができる」などが挙げられます。

(2)追加料金を取る遺品整理業者

では、遺品整理業者に依頼してデメリットはあるのでしうか?

これは明確であって、「悪徳業者にひっかかる」ときに発生するものです

社会的ニーズが拡大したこともあって、遺品整理を請け負う業者が増えてきました。
しかし業者が増えてくると、安い値段を売りにした悪徳業者も出てくるのです。

たとえば、「頼んだ業者が廃棄物を処分しなかった」ということもあります。
すべての廃棄物を処分するということが見積もりに入っていなかったため処分できない、もしくは処分するなら高額な追加料金を払いなさい、などと言われて結局別業者に依頼することになって高くついたということです。

見積もりは安く出しておいて、仕事はいい加減、しかも追加料金をとろうとする手口です。

(3)許可を持っていない業者

また一般にはあまり知られていませんが、家の中で遺品を選別し、捨てる準備をする作業までは特別な資格は必要ありません。

しかし、遺品整理後に必ず出てくるゴミを捨てるためには廃棄物処理法に従う必要があります。
具体的に処理するためには、自治体家庭ごみの収集ルートに出すか、許可を得たゴミ取集業者を呼ぶ必要があるのです。

このとき、ゴミは「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の大きく二種類がありますが、遺品整理後のゴミは原則として一般廃棄物と定義されます。
このため、ゴミ収集業者を呼ぶときには一般廃棄物を運搬する許可を取得している業者を選ばなくてはいけません。

産業廃棄物運搬の許可だけしか持っていない業者や、無許可で運搬している業者もあるというのが現実です。

そのほか、遺品をガラクタとして雑に扱う業者や、整理の途中で見つかった高価な遺品を依頼者に報告せず持ち帰るという違法行為に及ぶ業者も報告されています。

もちろん、そのような違法業者は全体のうちでもわずかですが、業者を選定するときには、そういった評判もあわせて考えることが重要になっていきます。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

5.遺品整理の料金相場

遺品整理の費用相場

(1)明確な料金規定はないが大体の相場はある

遺品整理には法律で定められた明確な料金規定がある訳ではありません。
したがって、業者の言い値次第となり、前述した通り悪質業者が出てくる訳です。

しかし、あまりに高額な費用を請求する業者は淘汰され、ある程度の相場が生まれました。

料金は当然のことながら、作業量や作業に当たるスタッフ人数、立地条件(作業のしやすさ)、地域性などによります。

だいたいの目安としては、1LDK程度のアパートやマンションで約6万円ほど。
3DKで約18万円、5LDKの一戸建てで約25万ほど。
これに処分費とオプション作業費が加わります。

処分費というのは、遺品整理の際に不要と判断されたゴミの処分代金であり、オプション作業費というのはピアノなどの運搬や、消臭消毒作業など状況に応じて作業した際に発生した費用です。

仮に一戸建てで、処分費やオプション作業費を含めて30万円を超える程度の料金の遺品整理だとします。
これを遺品整理業者を使わず自分で整理した場合、一日どころか何か月もかかったという報告があります。

仕事の休みの日などに少しずつ片付けることになり、遠方の場合は往復の交通費もかかります。

(2)追加料金は明確に

ただ、この際に注意しなければいけないのは、業者によっては見積もりが「〇〇万円~」などとあいまいな金額だったりすることがあることです。
また、別途料金、追加料金があるケースが示されていても、その内容があいまいだったりすることもあります。

そこがはっきりしないまま作業が始まってしまい、作業のあとになってから依頼主に意外な追加料金を請求するということがあるのです。
見積もりの時点で、基本料金を明確にし、どのようなものに対して、どれだけの追加料金が発生するのかということをはっきりさせておくことが重要になるのです。

6.遺品整理の見積もりを依頼する場合の注意点

遺品整理の見積もりを依頼する場合の注意点

依頼すれば非常に力になってくれる業者ですが、利用する際には注意することもいくつかあります。
まずは、「要望、およびしてほしくないこと」をはっきりと伝えましょう

見積もりに必要なことは業者から尋ねられます。
住居の形態、広さ、エレベーターの有無、作業希望日などですが、そのほかにも心づもりしている予算、すぐに片づけてほしいもの、処分の仕方がわからなくて困っているものなどを伝えることができます。

また、「してほしくないこと」も明確に伝えておかなければいけません。
たとえば、「この部分のものはすべてゴミのように見えますが、確認してから捨ててほしい」ということです。

そして条件に合ったプランがあるかどうかを尋ねましょう。
あらかじめ業者が用意したプランで、依頼する側の要望内容に近いものがあるかどうかを尋ねてみて、もしプランを設定しているようであれば、そういったケースへの処理経験がある業者だともいえます。

そして問い合わせをした後は、現地の状況を確認するための下見が行われます。
この下見にはできる限り立ち合いましょう。

現場が遠方にあったり、仕事の都合などで、どうしても現場の下見に立ち会うことができない場合は、依頼者の立ち合いなしで引き受けてくれる業者もあります。
しかし、細かい点を伝えたり、質問されたりすることもあるので、できれば立ち会うほうが良いです。

7.悪徳業者を見破り出来るだけ費用を安く抑える方法

悪徳業者を見破り出来るだけ費用を安く抑える方法

(1)見積もりは数社から取る

遺品整理業者に依頼する際にもっとも重要となるのが、どの業者に依頼するかということです。
そのためには見積もりを3社以上から取る必要があります。

比較すると遺品整理作業の理解に役立つ上に、業者の信頼度も見えてくるからです。
見積もり時点での質問に対する応答、見積もりをする際の態度、見積もり自体が有料かどうかなどいろいろなことがわかります。

そして見積書というと金額にばかり目が行きがちですが、それよりも不明瞭な項目や別途料金がないかに注目しなくてはいけません。
わかりにくい書き方がしてあったり、「〇〇万円~」というあいまいな金額だったりしたら、しっかりと尋ねてみて依頼者が理解できるように丁寧に説明してくれるかどうかが業者を見極める非常に大切なポイントになります。

また、間取りなどによる内訳料金が詳細だと、料金を構成する要素を理解しやすくなります。家の広さや部屋数に見合った見積もりかどうかをチェックしましょう。
家の広さや間取りがわかっているのに「〇〇万円~」などと幅のある金額が表示されている見積もりの場合は、どのような内訳で料金がきまるのか尋ねてみる必要があります。

(2)合計でどれくらいになるかを把握する

特に別途料金、追加料金は必ずチェックしましょう。
別途料金の発生は当然あり得ますが、大切なことは依頼者が「これくらいの料金がかかりそうだ」ということが前もって理解できるかどうかなのです。

たとえば、予定作業時間をオーバーしたら追加料金が発生するのか、平日と休日で料金が違うのか、処分にかかる別途費用はどれくらいなのか、説明してもらってもわからない別途料金が多くあるとしたら、見積金額よりも実際の支払金額が大幅に高くなる可能性が大きいということになります。

ところが疑問があって尋ねようとしても、見積もり責任者の名前が明示されておらず、依頼者が誰に尋ねたらいいのかわからないような見積書もあります。
そんな見積書を出してくる業者は少し疑問を持ったほうがいいかもしれません。

遺品整理業者に依頼した場合の料金の目安は家の広さと物の量によります。
いくつかの見積もりをとっているとそういった目安も見えてくるのです。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

8.遺品整理時のトラブル事例

遺品整理時のトラブル事例

(1)遺品整理作業で大ゲンカに

まず遺品を整理業者に頼まずに行った場合に起こったトラブルです。

これは両親が亡くなり、その子どもたちで遺品整理をしていた時に起こったトラブルですが、それぞれに仕事もしているため、作業する時間にも差がでてきたところから不満が出始め、しかもあったはずの貴金属が数点見つからなかったことから、作業をしに来ていた誰かが見つけて取ったのではないかと大騒ぎになりました。

それぞれが自分の都合の良い日に作業をしに来ていたので、結局そういった部分が問題で起こったトラブルです。

(2)悪質な遺品整理業者とのトラブル

また、業者を利用した際のトラブルとしては、「業者が遺品を雑に扱った」というトラブルが数件報告されています。

残された遺族にとっては大事な思い出の品であっても、他人から見ればガラクタに過ぎないというのがだいたいの遺品です。
もちろんそれを整理するプロの業者としてはあるまじき行為ですが、残念ながら作業員のマナーや教育が徹底できていない業者があったのです。

さらにあってはいけないトラブルですが、依頼した業者が「一般廃棄物処理業者」としての市町村での許可を取っておらず、無許可で作業を行い、廃棄物を不法投棄した挙句に依頼者に後で責任問題が発生したというものもあります。
しっかり事前の説明で業務経験や許可の有無などを確認することが重要です。

9.遺品整理の依頼から完了の流れ

遺品整理の依頼から完了の流れ

簡単な流れは前述しましたが、具体的に遺品整理業者に依頼してから、どのような流れで進んでいくか解説します。

  1. 遺品整理業者に問い合わせ
    おおまかに依頼内容、家の広さ、だいたいの物の量、ピアノなどの大型楽器があるかどうか、エレベーターの有無などを伝えます。
  2. 遺品整理業者による現場の下見
    この際できる限り現場に立ち会うようにしましょう。
  3. お見積もりの提示
    不明な点や追加料金の項目などわからないことは、ここで細かく聞いておきます。
  4. 日程の決定と事前打ち合わせ
    具体的に実施する日時などの打ち合わせを行います。
  5. 作業当日
    分別し処分するものを搬出し清掃を行います

作業終了後に追加で相談が出るのが「仏壇」「神棚」「書籍」です。
仏壇や神棚は処分すると決めても粗大ごみに出してしまうわけにはいきません。

また、地域や宗派によっても対応が変わってくるために問題になりやすいのです。
これも遺品整理業者が仏具店や寺院、神社などと連携して対応してもらえることが多くあります。これも相談してみましょう。

また、多くの家で大量にでてくるのが書籍です。
場所を取る上に重量があるため処分するのに力と手間がかかります。

売るばお金になる、という書籍は一部でほとんどの場合は希少価値のない書籍です。
まずは早く処分するということを一番に考えた方が良いでしょう。

まとめ

これまでいくつかの項目で述べてきたように遺品整理は「時間がかかる」「神経を使う」「法的な許可、問題もからむ」「力仕事である」という複雑なものです。

自分で行うというのも一つの方法ではありますが、やはりプロの遺品整理業者に依頼するのが望ましいでしょう。

その際、安ければ良い、というものではなく、遺品を丁寧に扱い、料金の設定が明瞭で、短時間で作業を終了させてくれる業者を探すことが大切なのです。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

公開日:
最終更新日:2017/11/17