遺品整理業者あんしん相談所

遺品整理業者・会社の選び方や比較方法などを解説しています

遺品整理の費用の相場と出来るだけ費用を抑える方法

遺品整理業者の費用相場

遺品整理を行う際に遺品整理業者は非常に頼もしい存在となってくれます。

とはいえ、プロに任せようと思っていも、いざ遺品整理業者を選ぶ段階になるとどのような選び方をすればよいかわからない方がほとんどでしょう。

  • 費用相場がどれくらいかわからない
  • 詐欺まがいの費用を請求する悪徳業者には捕まりたくない
  • 出来るだけ安くすませたい

このように考えられているのではないでしょうか?
そこで本記事ではより良い遺品整理業者の選び方と適切な相場について述べていきたいと思います。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

1、「遺品整理業者の費用相場と時間」

(1)遺品整理業者の相場

まずざっくりと金額を述べていきます。

  • 1DK程度のアパートやマンションでは5万円~10万円
  • 2LDKで10万円~40万円
  • 3LDKで15万円~60万円
  • 4LDKで20万円~80万円

この金額を見て「高い」「安い」「幅が広すぎる」など色々と感じられると思います。
ではこの金額はどこから算定されたものでしょうか。

まず遺品整理業者が見積もりをする際に基準とするのは、

  • 家・部屋の広さ
  • 道幅の広さ、どこまでトラックが入れるか
  • エレベーターの有無
  • 遺品の量
  • 何人のスタッフが必要か

などです。
この条件によって基本代金が決まります。

そして基本代金が決まるとそれからオプション代金が追加されていきます。
特殊清掃が必要だった、ピアノなどの大型楽器があった、ゴミの処分代金が多くかかったなどです。

後にも述べていきますが、自分で行ったらもっと安く済むのでは、と思われるかもしれません。

しかし、自分で遺品整理を行う場合にゴミの処分費用、交通費、車両費、その他こまごまとかかる費用をそれぞれに支払う必要がでてきます。
その合計金額で判断することになります。

(2)遺品整理にかかる日数

おそらく費用よりも大きく変わるのが、遺品整理にかかる日数です。
まず分別するところからはじめ、家の中に何があるのかを確認しながら、そのまま家に残すものや形見分けに人に譲るもの、リユースやリサイクルするもの、廃棄処分するものなどに仕分けていきます。

そしてそれぞれを梱包して片づけていきます。
ある程度片付いたら見落としたものはないか、貴重品などが残っていないかなどを点検します。

そして仕分けしたものを屋外に搬出していきます。
分別種類に応じてリサイクルするものは業者へ引き渡し、処分するものは専門の廃棄物処理業者を手配して引き取ってもらいます。
搬出し終わったら部屋を清掃していきます。

これらのことを自分で行うとなればやはり数日から数週間はかかります
また、整理場所が遠方だったりするとその往復だけでも時間と交通費がかかることになります。

しかしこれらの一連の作業を遺品整理業者は半日から一日で完了させるのです。
それが可能なのは経験を積んだスタッフが十分な人数で作業をするからです。
一般の方がどんなにがんばってもここまでスムーズにはいきません。

2、遺品整理の費用の内訳説明

(1)基本料金とは 

さきほど例として挙げた料金はあくまでも基本料金です。
家・部屋の広さからだいたいこれくらいは基本費用としてかかるというものです。

実際に遺品整理業者に依頼するとこれに付随する追加料金が発生するため、もう少し支払う必要があります。
ホームページなどに載っているのは低めの金額で目を引きやすくなっている基本料金のみの金額と思って間違いないでしょう。

そしてこれは家の広さや物量、そして地域によって差がありますので一概には決めることはできません。
地域によって違うのは一般に地方よりも都市部の方が処分料金が高いからです。

ただ、一般的な生活用品がすべて揃った一軒家をすべて片づけるとしたら30万円前後は必要になってくるだろうと思われます

(2)他にかかる費用

「自分のところは賃貸で狭いからもっと安くなるだろう」と考えた方は家賃のことは忘れてはいけません。
最低でも亡くなってから二か月分の家賃は用意しておいたほうがよいでしょう

さらに遠方からの整理のために行き来する場合は交通費がかかります。
最低でも遺品依頼業者と見積もりに来るときと実際の作業時の二回は往復しなければいけません。

また、複数で行った場合は、家の水道やガスなどのライフライン関係がすべて止まっていたりすると宿泊場所なども考える必要がでてくるかもしれません。

(3)オプション費用 

まず金額が多いオプションでいうと特殊清掃です。
これは孤独死などで遺体の発見が遅れた場合などで発生します。

遺品整理の作業前に消臭・消毒などを行い、整理後も特殊な清掃をしなければいけません
度合いにもよりますが、これだけで数十万円かかる場合があります。

その他にピアノなどの運搬に特に注意が必要な大型の楽器、ゴミの処分費用などが追加でかかってくることになります。

(4)遺品整理前にまずしておく費用の削減

節約の仕方を模索するには、今の状態でいったいどのくらいかかるのかを具体的に知っておくのが重要です。
そのためには、まず見積もりが必須です。

もちろん今の状態での見積もりですので、業者を決定してしまう必要はありませんし、金額もざっくりと見ておけばよいのです。
そしてだいたいの金額が出たら、そこを上限として物を減らしていきましょう

家族の中に生前整理は気が進まないという人がいたとしても具体的な金額を見れば少しは動く気になってくれるかもしれません。
大きな家財も、自分たちで粗大ごみとして出す時間の余裕があれば費用が抑えられます

また忘れてはならないのが査定です。
査定士に手放す予定のものの見積もりを依頼しておけば差額相殺の目安とすることができます。

もちろん経年によって価値は変わってきますので、これもざっくりと見ておきます。
遺品になってからとは違い、持ち主が生きているうちに査定できるので、いくらで買ったか、どこで買ったかなどの情報も確かです。

つまりどこの何か遺族がわからない場合に比べて査定額アップにつながるのです。
トラブルにしないためにも査定士にはあらかじめ見積もりのみであることを先に告げ、品物についての情報は一つずつ記録しておきましょう。

また非常に価値の高い貴金属類や骨董品類などは相続のときにもめる可能性があることも否定できません
その貴金属類や骨董品類自体にあまり思い入れがない場合は、亡くなる前に売ってしまって現金に換えておくと後の面倒が減って良いでしょう。

特にバブル期のブランド品などは「昔こんなものもあったな」というような、今ではまったく使っていないようなものも発掘されがちです。
この機会に家の不用品についても査定してもらい、手放しておけば「親の生前整理」「子の老前整理」どちらにも役立ちます。

3、少しでも遺品整理費用を安く抑える方法

(1)買取をしてもらう

買取も遺品整理にとって大きな比重を占めるようになってきました。
遺品整理業者に相談すればなじみの査定士を紹介してくれますが、査定は遺品整理の前に済ませておくことも可能です。

基本的に、査定士の質を見極めるのは素人には大変難しいことです。
ここでは参考にしていただきたいポイントをあげていきます。

①貴金属や骨董品については手数料の話までしてくれるか

貴金属の買取についてはもともと価格が決まっています。
金、銀、プラチナであれば東京商品取引所を中心に買取市場価格などが決められていますし、ダイヤモンドも重量や透明度などによってだいたいの相場が決まっているものです。
そういった相場について依頼者に説明したうえで

「傷があるので、これくらいの買取値になるでしょう」

「100%では買い取れないので手数料としてこれだけいただけないか」

などということを詳しく説明してくれる査定士が理想的と言えます。

ただ、説明しなければならないと決まっているわけではありませんから、査定士の側からは言い出さないかもしれません。
質問したときにどれだけ丁寧に答えてくれるかが肝心になってくるでしょう

②査定後の流れを説明してくれるか

他業者との取引の後については査定士にも分からない場合が多いので仕方ありませんが、最近ではインターネットのオークションを利用して販売する査定士も多数います。

その場合、「お預かりしてオークションサイトに登録します。売れたらそのうちの何%をお支払いします」といった具体的な提案をしてくれる査定士であれば安心です。

③査定に自信がない場合は正直に言ってくれるか

査定士にも得手・不得手があります。
貴金属類には相場がありますが、ブランドものや骨董品、刀剣やフィギュア、玩具類などにはすぐに分かるような相場がありません。

趣味のものはそれぞれに専門知識を持つ鑑定士が存在します。
一つのブランドのバッグに特化した鑑定士もいるぐらいです。

そのようにすべてに精通している人はいないのですから、価値が分からないものを依頼されたときの対応によって、信頼できる査定士かどうかを判断することができます。
迷ったときは「同業者に確認してみます」というくらいの人の方が安心ということです。

ですから、様々な種類の趣味品の査定を提案したときに「これは私には査定できませんので、お預かりして後日回答してもよろしいでしょうか」という一言があれば、自身のプライドや二度手間になることはさておいて、依頼者のことを一番に考えている査定士であると考えてよいでしょう。

特に特殊で査定が難しいであろうと思われるものがある場合は、あらかじめ電話で伝えておくとよいでしょう。
良心的な業者であれば当日にその道に詳しい鑑定士を連れてきてくれるでしょう。

逆に目利きでなければ分からないものが混じっているにもかかわらず、即決で金額を回答するような業者は怪しんでよいでしょう
「まとめて〇〇円くらいでいかがですか」などという業者は論外です。

④業者に鑑定士がいるとお得

一般的な流れとしては、依頼人→遺品整理業者→専門鑑定士となり、どうしても間に手数料が発生してきます。

しかし、遺品整理業者の会社に鑑定士が在籍している場合などはその間の手数料が必要なくなります。
また、ここで買取査定をして出た金額を直接業者に支払う代金と相殺できるので、非常にスムーズな流れとしてすすみます。

4、安心出来る遺品整理業者を探すポイント

(1) 良い遺品整理業者を探してトラブル回避

良い遺品整理業者を見分けると同時に、トラブルにならないよう少しの工夫をすることで、より安心で安全な遺品整理を行うことができます。
こちらについても一つずつみていきましょう。

①相見積もりをとる

少なくとも二社以上に見積もりを依頼します。
できれば三社、四社と見積もりを取りたいところですが、遺品整理は引っ越しなどと同じように立ち合いでの現場見積もりが基本です。

一つの業者に見てもらうのでも1時間ほどはかかってしまいますので、そもそも依頼者が忙しくて自分で遺品整理をする暇がないという場合などには多大な負担になってしまいます。
誰かからの紹介、口コミ、大手の業者、近隣の業者など少しずつ性格の違うところに見積もりを依頼すると価格のばらつきは出てくるでしょうが、比較のしがいも出てきます。

②親族や信頼できる友人など第三者を交える

高齢者や女性の場合は特に一人で見積もりに臨むのはなるべく控えましょう。
親族や友人などにお願いして見積もりの日や作業当日に同席してもらうのです。

ただ居てもらうだけでも、貴重品があるので立ち入らないでほしいといった所に業者が入らないか、依頼していないものを持ち去ったりしないかなどのチェック機能を高めることができます。
また複数の証人が居れば、「言った」「言ってない」のトラブルも防ぐことができます

③見積もり以外のことを急に頼まない

作業金額が見積もりのときよりも大きく膨らんでしまう要因の一つに、見積もり時に見落としていたものを当日に追加依頼してしまうということがあります。

見落としてしまうものは、言葉通り見えないところにありますから、押し入れや天袋などの高いところ、および床下収納、家の軒下など低いところなどは意識してチェックしなければなりません。

そうやって出てきたもののうち、必要なものや高価なものが出てくることは珍しく、結局処分を依頼せざるを得ない可能性が高いでしょう。
つまり確実に処理料金が発生するものなのです。

また、トランクルームや倉庫、車庫などは家の中の見積もりに集中するあまりに忘れてしまうことが多々あるようです。
家を引き払わなければならないのであれば敷地全体を整理する必要があります。

取りこぼしがないように見積もり時に業者と一緒に敷地全体を見回れば安心です。

④現状の写真を撮影しておく

これは見積もり時と違う仕事を依頼されたときのトラブルを防ぐために業者側が日常的に行っていることです。
無理を強いられて泣き寝入りをせざるを得ない状況に陥る可能性があるのは依頼者だけではありません。

作業当日に急にものが増えたなという印象があっても、「いや、前と一緒ですよ」と依頼者に押し切られてしまうことがないように業者は見積もり時の現状を証拠写真として撮っておくのです
依頼者の方でも大事なものがなくなるなど、疑わざるを得ない状況を作り出さないために大事な場所については写真を撮っておきましょう

また、それを業者に伝えておくことが重要ですが、「間違いのないように撮影しておきました」などと最初から疑っているような口調で伝えては気持ちよく仕事をしてもらえないでしょうから、「作業前と作業後を比べるために私の方でも撮影しておきました」など、カドの立たないようにさりげなく牽制するのが良いでしょう。

⑤キャンセル料金について聞いておく

見積もりに来てもらう前、最初に電話で連絡をとったときに、見積もりは完全に無料なのか、遺品整理を正式に依頼した時のみ無料なのかということと合わせて確認しておきたい項目です。

「見積もりに来てもらったけどやはりやめたい」

「日程を変更したい」

と連絡したときにキャンセル料金が発生したら困ってしまいます。

特に業者側がレッカー車などを手配してしまった後では確実にキャンセル料金が発生します

作業日の何日前からキャンセル料金が発生するのか、業者から説明がなかった場合は依頼者の方からたずねておきましょう。

⑥賃貸の場合は備品か私物かを確実にチェックしておく

「あるものをすべて撤去してください」と言われれば、備え付けの湯沸かし器や風呂釜も外してしまうのが業者の仕事です。
賃貸物件では契約書を遺品整理業者に見てもらい、行き違いがないように作業前に打ち合わせをしておきましょう。

賃貸と言った時点で湯沸かし器や風呂釜には注意するでしょうが、よく間違えられるのがエアコンなどの家電や電気のシェード、蛍光灯などの備品です。
契約書には書いていない事項もあるかもしれません。

どこかのタイミングで大家さんに来てもらい、打ち合わせができれば完璧です。
できれば三者が同時に立ち合い、確認できればベストです。

⑦相続を済ませておく

遺品整理は相続がすべて終わってから進めることです。
「他の遺族が相続するはずの貴金属をうっかり売却してしまった」などのトラブルを発生させないためにも、形見分けについてはしっかりと解決しておきましょう。

また、遺産がマイナスのときは相続放棄をする人が多いですが、手続き前に部屋の整理をしてしまうと、相続放棄は取り消される可能性があります。
相続放棄とは「私は相続人ではない」という立場を示すことです。

すると故人の財産を処分する権利はないわけですから、あえて遺品整理を行えば「相続の意志がある」と見なされることもあるのです。
厳しいことのように思われるかもしれませんが、そうでなければ貴金属や骨董品を売って現金にしてから残りのものを放棄するということも可能になってしまいます。

もし相続放棄の前にこのような悪意のある遺品整理をしてしまったら、詐欺罪に問われる可能性もあるのです。
ただ、相続問題が済んでいなくても遺品整理をしなければならない差し迫った状況は存在します。

孤独死の現場です。

どうしても相続放棄をしたいけれど、近隣のためにも大家さんのためにも作業自体は進めなければならない。
そんなときは弁護士などの専門家に相談しながら進めることが大事になってくるでしょう。

遺品整理を始めるときから専門家に立ち会ってもらい、後に不要なトラブルを生み出さないように作業をしましょう。

⑧遺品整理関係の資格を持っている業者に依頼する

昔から確かに存在していた遺品の回収業。

最近になって「遺品整理」という言葉が生まれて専門で仕事をする業者が増えても業界全体で「コンプライアンスを遵守しよう」という動きはなかなか生まれませんでした。
そのため、不法投棄や不正買取などのトラブルが発生してきたのです。

そこで2011年に「遺品整理士認定協会」が設立されました。
遺品整理士認定協会の講座は通信制です。

遺品整理に関しての基礎知識や実務を行っていくうえでの留意点、心構え、関連する法規制、法律や社会学などの専門知識について勉強します。
仕上げとしてそれぞれの解答内容をレポートの形にまとめて協会に提出し、課題に合格した人だけが遺品整理士として認定を受けることができるのです。

実務の知識だけでなく、命の尊さ、遺品を扱うことの大切さを理解できなければ合格できない資格です。

またここでは買取のトラブルから依頼者を守るために、査定の知識をつけることに特化した「遺品査定士養成講座」も開講されています。
真心と法知識を兼ね備えた遺品整理士でも査定の知識がなければ詐取に気付かないかもしれません。

この遺品査定士養成講座も講座を受けて問題集を解き、レポートを提出して合格すれば認定されるものです。

同様に「事件現場特殊清掃士」の資格もあります。
優れた遺品整理士を目指す人々からのニーズに答える形で生まれた資格で、すでに一般廃棄物処理の許可を得ている人々からも人気が高い資格です。

遺品整理の依頼のうち、何割かが孤独死の現場となります。
孤独死の現場は感染症のリスクもさることながら、濃度の高い薬品を使わなければならないということも少なくありません。

この資格によって、消臭・消毒技術と知識を獲得することができるのです。
こういった資格を持っている人が在籍している遺品整理業者であれば安心して依頼することができるでしょう。

まとめ

故人が生前整理である程度までものを減らしていたとしても、エンディングノートに遺品の始末についてすっかり書いていたとしても、やはり逃れられないのが遺品整理の大変さです。
人間は亡くなる時期がほぼ分かっていたとしても、何も持たず仙人のように暮らすわけにはいきません。
最低限の日用品は必要になります。

しかしそれですらすべてを正しく手放すことは難しいでしょう。
例えば冷蔵庫一つ捨てるにしても、まずは中を空にしなければなりません。
ケチャップやソース、缶詰の類は中身をすべて出して容器を洗って分別します。
それだけでも相当な時間がかかります。

そして当然のことながら大きな冷蔵庫は一人では運べません。
仏壇や神棚など処分に困るものも出てくるかもしれません。

そういった残された遺品を処分するには、それぞれ専門の業者に依頼しなければいけません。
それらのことをすべて自分で行わなければならないのです。

そういったことを責任を持って引き受けてもらえるのが遺品整理業者です。

しかしやはり「相場がわからない」「どんなトラブルがあるかわからない」「悪徳業者にひっかかってしまうかもしれない」と不安を持たれる方も多いと思います。
そこでここではだいたいの相場や遺品整理にかかる時間、そして遺品整理にかかる費用を抑える方法、信頼できる遺品整理業者の探し方を述べてきました。

遺品整理業者を探すのに役立てればと思います。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

公開日:
最終更新日:2017/07/11