遺品整理業者あんしん相談所

遺品整理業者・会社の選び方や比較方法などを解説しています

遺品整理業者に依頼するとどんな流れで作業するのか?見積もりから作業完了までの流れ

遺品整理の流れ

人が亡くなって遺産を相続するときには、まずは亡くなった人の遺品を整理する必要があります。
そのとき、専門の遺品整理業者に依頼すると便利ですが、遺品整理業者に作業を依頼するときには、どのような流れになるのか、ご存知でしょうか?

遺品整理の流れは、大きく

  • 契約
  • 当日
  • 支払

に分けることができます。

まずは見積もり依頼を出して、料金を明確にしてもらい、依頼する業者を決めて契約を締結します。
その後、当日、スタッフに来てもらって部屋内を見てもらい、実際の搬出や清掃等の作業をしてもらいます。
不用品があったら処分してもらいますし、物品の買取りをしてもらうこともあります。
そして、定まった料金の支払いを行います。

このように、見積もり依頼から完了までの流れを把握しておくと、安心して遺品整理業者を利用できます。
本ページでは遺品整理業者に作業を依頼するときの流れについて、解説します。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

1.遺品整理業者を利用するときの3つのステップ

遺品整理業者を利用するときの3つのステップ

人が亡くなったら、遺品整理を行う必要があります。
人1人が生きていると、思っているよりも多くの物が残されているものです。

遺族が自分たちだけで作業を行うとなると、1日では終わらないことも多く、時間的にも労力的にも大きな負担となってしまいます。
そこで、専門の遺品整理業者に作業を依頼する事が役立ちます。

しかし、遺品整理業者など、今まで見たことも聞いたこともなく、どのように利用したら良いのかがわからないということが多いでしょう。
また、悪徳業者に引っかからないかも心配です。

遺品整理業者を利用するときには、3つのステップが重要です。

(1)契約

これは、たくさんある遺品整理業者の中から1社を選んで、遺品整理を行ってもらうための契約を締結するまでのステップです。

(2)当日(作業日)

契約をしても、その日に作業をしてもらうわけではなく、その後に作業日時を設定して作業をしてもらいます。

(3)支払

実際の作業をしてもらった後、実際にかかる料金の明細を明らかにしてもらい、遺品整理業者に対して振込送金などによって支払を行います。

以下では、まずは「契約」に至るまでのステップから見ていきましょう。

2.まずは無料でお問い合わせ

遺品整理業者に問い合わせ

遺品整理業者を利用したいときには、まずは問合せをすることが必要です。
問合せをしたとしても、契約したことにはならないので、不安に思う必要はありません。

問合せをするときには、信頼できそうな良い業者を選ぶことが大切です。
多くの業者がホームページを作っているので、その内容を見て、わかりやすい業者、情報量が多い業者、親切そうな業者を選びましょう。

問合せは無料でできます。
その上で、業者に見積もりに来てもらう日を設定します。

ただ、このとき、出張見積もりに料金がかかることがあるので注意が必要です。
必ず、
「見積もりは無料であること」
と、
「たとえ契約に至らなくても無料であること」
を確認しておきましょう。

見積もり無料と言っていても、実際に契約しなかったら有料になっている業者があるので、注意が必要です。
さらに、見積もり依頼を出したタイミングで、契約するように急いでくる業者も、中にはいます
そういった業者は悪徳業者の可能性があり、避けるべきです

3.お見積もり

遺品整理業者の問合せフォームから見積もり依頼を出すと、実際に業者に現地に来てもらって、見積もりをしてもらうことになります。

(1)見積もり日時の決定

まずは見積もりの日時を決定しなければなりません。
現地が遠い場合などには、遺族もその場所に行かなければいけませんし、事前に準備もしておく必要があります。

(2)見積もり日当日に注意すべきこと

見積もりの日には、業者が現地に来て、家や部屋の中を見ます。
このとき、遺族も同席して、業者からいろいろな質問をされることになります。

具体的には、どの範囲を整理の対象とするのかや、予算、その他希望することや悩んでいることなどが聞かれます。
そこで、見積もり日の前に、どの範囲を整理してもらいたいのかを検討しておきましょう
反対に、このとき、まったく質問をせずに見積もりだけを出そうとするような業者は、良い仕事をしようという意識がないので、信用しない方が良いです。

また、遺族の方から質問をすることもできるので、わからないことなどがあったら、このときにすべて解消しておきましょう。
質問をしても答えてくれなかったり、疑問を解消してくれなかったりする業者は、やはり信用できない可能性があるので、やめておいた方が良いです。

さらに、見積もりにやってきた担当者の態度や身だしなみなどもチェックしておきましょう。
室内のチェックが終わったら、遺品整理業者から、現場の状況に応じて見積もりが提出されます。

複数のプランを用意している業者もあるので、気になる場合にはそれぞれのプランの違いを確認した上で、最適なものを選ぶと良いです。

(3)見積もりは、複数社に出そう!

見積もりを出すときには、必ず複数の業者から見積もりをとるべきです。
普通の人は、遺品整理業者の料金相場がわからないので、複数を比べることにより、だいたいの相場感を把握できますし、不当に高い料金をふっかけてくる悪徳業者の被害を防ぐことができるためです。

4.ご契約

遺品整理業者と契約

複数業者から見積もりを出してもらったら、その中からもっとも条件のよさそうな業者を選びます。

業者から、遺品整理の作業行う予定日と作業内容、物品の搬出方法、不用品の範囲や処分方法などを説明してもらうこととなり、すべてについて確認と納得をしてから契約を締結します。

いったん契約を締結したら、キャンセル料などが発生する可能性もあるので、本当に契約して良いかどうかは慎重に判断しましょう
契約前に、何かわからないことがある場合や気になる点がある場合には、どのような小さなことでも業者に聞いて、不安を解消しておくべきです。

契約をすると、お互いがその内容に拘束されるので、簡単に撤回することはできなくなりますが、作業日などに変更が発生することはあります。

そのようなときには、遠慮せずに業者に連絡を入れましょう。
通常であれば変更に応じてもらえます。

ただ、あまり直前になると対応が難しくなることがあるので、早めに連絡すべきです。

なお、見積もりに来てもらったときにその場で契約をすることも可能です。
ただ、悪徳業者の被害を防ぐためには複数業者に見積もりをとった方が良いですし、一度頭をクールダウンしてから契約を検討した方が良いので、その場での契約はおすすめではありません

5.作業当日の分別・梱包

契約を締結したら、基本的には作業当日を待つだけですが、その日を迎える前、一定の準備はしておいた方が良いです。

現場の状況を再確認して、現場を撮影するためのカメラや会話内容を録音するためのボイスレコーダーなどを準備しておきましょう

当日は、遺族も現場に行って、作業内容を確認することになります。
作業を行うときには、遺品の分別や梱包の作業が必要です。

これについては遺品整理業者のスタッフが行いますが、要るものと要らないものなど、どのように分別すべきか判断できない場合には遺族に確認されるので答えていきましょう。

また、食器などの壊れやすいものについては、丁寧に梱包してもらえているかどうかを見ておいた方が安心です。

作業中や搬出時には、部屋を傷つけられないようにきちんと養生してもらいましょう。
賃貸住宅などの場合、部屋を傷つけると原状回復費用がかかってしまうおそれもあります。

マンションの場合にも、近隣の住人に迷惑をかけないよう注意が必要です。
管理人や管理会社に対し、事前に、作業を行うことを連絡しておくと良いでしょう。

また、捨てるべき物品もたくさん出てきます。
基本的には、その日に判断しなければ、後からは対応してもらえないので自分で対応するしかなくなります。

ただ、その場で捨てるべきか残すべきかの判断ができない場合には、いったん保留にして、後で判断させてくれる業者もあります。
そういった業者は良心的で信頼できると言えるでしょう。

6.搬出

(1)搬出作業

作業当日、遺品の整理が終わったら、それらの物品を搬出します。
家具などの大きなものは、分解して搬出しますし、小さい物などは段ボールなどに入れて分別した状態で搬出します。

このとき、近隣住民や交通の迷惑にならないよう、注意が必要です
また、搬出を行うときには、廃棄するものと買い取ってもらうものの分別をしておくことも必要です。

(2)買取り作業

業者に不用品の買取りを依頼する場合には、買い取り価格を明らかにしてもらうことになりますが、この時の価格が不当に低いケースもあります。
そこで、業者に買取りを依頼する可能性がある物品があるなら、事前にその物品の相場価格を確認しておくことも必要です。

その場で業者との間で買い取り価格についての合意ができたら、買取りの契約が成立します。
契約が成立すると、後から「やっぱり売らない」と言っても通用しにくいので、慎重に判断しましょう。

(3)買取不能なものの廃棄作業

買取りを依頼しても買い取れないものもあります。

そうした物品については、遺品整理業者が、廃棄物業者を手配するので、玄関先引取りに来てもらうことができます。
遺品整理業者自身が廃棄物処理の許可を持っているケースでは、遺品整理業者自身が廃棄作業を行うこともあります。

7.清掃

搬出が終わると、空になった室内を掃除しないといけません。
これについては、遺品整理業者のスタッフが清掃作業をしてくれるのが普通です。

基本的に、以下のような清掃内容となります。

  • 床の掃き掃除
  • 水回りの洗浄
  • 拭き掃除
    場所を指定して拭いてもらうこともできます。
  • 各部屋の掃除機かけ
  • 玄関やベランダの掃き掃除

清掃作業については、遺品の搬出後、約20分前後でできる範囲で行うので、あまり厳密なものではありません。

8.遺品整理作業後の確認

遺品整理作業後の確認

搬出や不用品の処分、清掃までが終わり、すべての作業が完了したら作業内容の最終確認を行います。

このとき、搬出忘れはないか、廃棄物の分別に間違いがないか、買い取ってもらうものに間違いないか、等を確認する必要があります。
業者も確認しますが、自分の目でもしっかりと見ておくべきです。

また、遺品整理を行うと、貴重品や故人の写真、手紙などが発見されることもあり、こうした思い出の品を業者から渡してもらうことができます。
形見の品がある場合には、後日指定場所に配送してもらうことも可能です。

回収した遺品でまだ利用できるものについては、できるだけユニセフに寄付したり、家電をリサイクルしたりする業者もあります。
こういった情報は遺品整理業者のホームページに掲載されているので、業者選びの判断の参考にすると良いでしょう。

最終確認の際に、回収した物品をどのように処分するのか、関心があれば尋ねてみるのも良いでしょう。

9.料金のお支払い

このようにして、依頼者と遺品整理業者との間ですべての作業終了確認が終了したら、支払を行います。

支払方法は業者によっても異なりますが、多くは現金振込となります。
少額であれば、その場で現金で支払っても良いですし、業者によってはクレジットカード払いを利用できるケースもあります。
もっとも都合のよい方法を選ぶと良いでしょう。

このようにして支払まで終了したら、本当にすべての手続きが終わります。

また、遺品整理の際に供養品が見つかることがあります。
そのようなとき、遺品整理業者が無料で合同供養を行ってくれることがあるので、覚えておくと役立ちます。

整理作業中に、捨てるのが忍びない物品が見つかった時には、遺品整理業者の専門の施設内の祭壇に供えて、僧侶に来てもらって供養をしてもらえるのです。
このようなサービスについても、遺品整理業者のホームページ上に書いてあるので、業者を選ぶときの際の参考にすると良いです。

下記のページでも供養品の取り扱いについて詳しく解説しているので参考にしてみてください。
遺品整理業者に依頼した場合のメリットとデメリット

まとめ

遺品整理業者を利用するときの流れについて解説しました。
遺品整理業者に作業を依頼するときには、まずは問合せから始めます。

具体的な作業はほとんどすべて業者がしてくれるので、遺族は基本的に指示を出すことが主となります。

本記事をお読み頂いたら、遺品整理業者の利用はそう難しいことはないと理解して頂けたと思います。
これから故人の遺品整理を行うのであれば、まずは一度、見積もりをとってみてください。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-197-024 <<

公開日: